MENU

賃貸で不動産屋に行く

 

 

賃貸物件を借りる際には不動産屋に行くことになると思いますが、不動産屋に賃貸物件を紹介してもらうときには、できるだけ自分の条件に合った物件を探してもらうことがベストですよね。そのためには焦点のあっている物件を紹介してもらうのがいいのですが、あなたの伝え方次第では焦点のはずれてしまったなんだか全く希望通りに進まないような物件を紹介されてしまうということもありますから注意しましょう。以前にもお話をしたと思いますが、賃貸物件で不動産会社に部屋を紹介してもらう際には、まずは自分の希望などに優先順位をつけてメモを持っていくとか、直接しっかりと伝えることが大切です。抽象的なものよりも具体的な内容で伝えた方が希望通りの物件を探してくれると思いますから具体的な条件を出していくようにしましょう。そして賃貸物件を探す際に不動産屋を訪れる際にはできれば予約をしてから行くのがいいですね。予約なしで行くと、場合によっては営業マンが出払っていることもありますし、お店の中が混雑しているとゆっくりと話を聞いてもらえる状況でないこともありますから、きちんとあらかじめ予約をして訪問しておけばしっかりと担当者が話を聞いてくれると思います。

 

不動産屋へ訪れる際にはある程度きちんとした身だしなみで行きましょう。不動産屋は賃貸物件を紹介してくれる立場ですが、あまりにも身なりの不潔な人やだらしない人には大家さんから頼まれている大切な賃貸物件を貸してあげたいと思う気持ちがなくなるのではないでしょうか。ですから身だしなみには十分に注意しておいた方がいいと思います。身だしなみだけでなく態度も大切です。不動産屋に賃貸物件を紹介してもらう際には入居審査に通りやすいような態度で接するのがいいですね。あまりにも威張っている人や話を聞かない自己中な人は、それだけで不動産屋に嫌われてしまいますから十分に気をつけましょう。これから賃貸物件を紹介してもらうために不動産屋を訪れるという人は、態度、身なり、そして希望条件に関してきちんと考えておくというのがいいと思います。そうしなければスムーズに紹介が進まないと思いますし、なかなか相手に自分が希望している物件がどのような物件なのかということが伝わりにくいのではないでしょうか。スムーズに物件を決めたいと思っているのなら、営業マンだけに頼らずに、自分についても態度、身なりを整えましょう。賃貸物件を借りる際の常識です。

賃貸と家賃交渉

 

 

賃貸を借りる際には家賃交渉をしたことがあるという人もいると思います。賃貸を借りるのであれば、まずはそのままの家賃ではなくて、ダメ元で家賃交渉をしてみるといいかもしれませんね。しかしながら必ずしもどんな物件でも家賃交渉が出来るというわけではありません。賃貸でも家賃交渉が出来ないことはあります。賃貸で家賃交渉が出来ない物件というのは、家賃を下げなくてもすぐに入居者が決まってしまいそうな人気がある物件の場合にはできませんからあきらめましょう。家賃を少しくらい下げてでも、住んで欲しいと思っているような物件ほど、賃貸の家賃交渉はしやすいものです。では具体的には賃貸の家賃交渉はどのように進めていくのか紹介したいと思います。物件で賃貸の家賃交渉がしやすい物件とそうでない物件がありますからその見極めが大切ですね。まずは礼金が最初からない物件というのは、交渉がしやすいといわれているのです。礼金がない物件を探すようにするといいかもしれませんね。そして築年数が10年以上たっているような物件というのも、家賃交渉がしやすいのです。賃貸を借りようと思っている人の中には築年数10年以下で探す人が多いのでこの10年を境にしてかなり家賃は下がりつつありますし、下げやすい現状です。

 

他にも賃貸の家賃交渉に向いている物件というのは、紹介されて実際にその場に行ってみてみてから判断してもいいのです。たとえば日当たりが悪かったとか、騒音がするなど自分で現地に行ってみて感じたことから家賃交渉をしてもいいですね。他にも長く入居者がつかなかった物件なども、賃貸の家賃交渉にはもってこいではないでしょうか。どうすれば長く入居していなかったのかがわかるのかというと、家のドアにかけられているガスや水道を止めているという知らせの紙を見ればわかりますからチェックしておきましょう。他にも徒歩10分と書かれていて実際にあるいてみると20分以上あったとか、そのような場合にも賃貸の家賃交渉がしやすい物件であるといえると思います。これから賃貸物件を借りようと思っている人は、一度家賃交渉をしてみるといいかもしれません。ダメ元で家賃交渉をしてみると意外と交渉成立になるということもあるかもしれません。賃貸物件の種類や人気なども考えながら家賃交渉しましょうね。家賃交渉成立次第で入居したいと思っている物件のみに行いましょう。そうでなければ手当たり次第に家賃交渉をしていると不動産会社に嫌がられます。

賃貸にかかるお金

貸物件を借りるにあたっては細かく分けると色々なお金が必要になってきます。たとえばどんなお金が賃貸物件を借りる際に必要になってくるのでしょうか。まず入居する前には不動産会社に仲介してもらったという場合には仲介手数料が必要になってきますから、仲介手数料がまず賃貸物件にかかるお金の一つとしてあげられますね。そして敷金礼金が必要な賃貸物件の場合には、敷金礼金がいりますが、こちらは最近はない場所も増えていますから選び方次第では敷金礼金は支払う必要がないというケースが多いのではないでしょうか。そして入居という運びになり住み始めると賃貸ですからもちろん家賃を支払う必要が出てきます。賃貸物件には家賃の他に共益費、管理費といったお金が必要な場合が多いですし、駐車場を借りれば賃貸の駐車場代として家賃とは別にお金がかかることもよくあることです。共益費や管理費のほかに、もしかすると修繕積立費などを徴収している賃貸物件もあるかもしれませんね。共益費管理費というのは、賃貸物件の掃除や、共同で使う部分の補修、警備やセキュリティーなどの面で必要なお金で管理人がいる場合には、管理人の報酬も必要になってきます。修繕積立費は、将来的に賃貸物件を修繕しなければいけなくなったときに、今までの入居者から少しずつお金を出してもらっていてそれから修繕をするというものです。

 

これらが賃貸物件に入居していると必要なお金ですが、2年に一回、3年に一回というペースで更新料を支払う必要があります。また退去する際にも賃貸に住んでいるとお金を支払わなくてはいけないこともあります。なぜ賃貸物件を後にするのにお金を支払うのか、どれくらいの程度で使っていたかにもよりますが、汚く汚していたり、たとえば子供がいてクロスに落書きをしているなどして落書きが取れないので壁紙の張り替えというような状態になった場合には、その費用を支払わなくてはいけません。多くの場合がそのような場合には最初にあずかっていた敷金から差し引くことが多いのですが、敷金で賄いきれなかった場合には、さらに支払わなくてはいけませんから退去時にも賃貸にはお金が必要です。賃貸物件に入居する、退去するというときには、このように多くのお金が必要になってきますからそれなりに準備をしておかなくてはいけません。場合によっては敷金礼金のように、支払わなくてもいい賃貸物件もありますから、いろいろと比較したうえで探してみましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク